2018/11/21

Forfait Anti-pollution

 
  
       

 今年の8月初旬のフランスは暑かった。今年は日本も猛暑。世界的にも暑い年だったけれど、それでも毎年、8月になると暑さも和らいでくるのが常だから、ちょっと油断していた。あ、暑い。。フランスで暑いと何が困るかって、エアコンがないから夜、寝苦しいのだ。湿度が低いからと言っても、やっぱり暑いもんは暑い。。
 
 今回のパリの拠点はヴァカンスに出ているDianeのChâtelet(シャトレ)のアパート。いつも鍵だけ預かって、別宅のように使ってるから勝手知ったる、、だ。いつもは人が誰もいないところに泊まるのが嫌なので、なるべく避ける。今年は私のほかに料理人のMorgan(モルガン)が泊まっていた。シャトレはパリの中心地でシャルルドゴール空港から電車で一本。実は下手に車で移動するよりも楽だ。しかも夏の間、パリ郊外は工事しているところも多く、渋滞も多い。

 さて、私が出発する5日前。突然、夜中に電話が鳴った。『なに、なに?』と寝呆けながら電話に出ると Marieが「あっ、ごめ〜ん。寝てた? モルガンが電話しろって。当日、モルガンが空港に迎えに行くからね〜。おやすみ〜」って。。なに、なに?
 ちょうど私が到着する日、Marieはパリから少し離れた、友人の家のお留守番をしていて、空港から遠くないから車で迎えに行くね、と言っていた。でも、到着は実は朝も朝。7時着予定なうえ、パリの中心に私を送り、また友人宅に戻るのは面倒だな、とたぶん思っていたら「迎えに行ってもいいよ」とモルガンが言ってくれたらしい。行きは荷物がそんなに多くはないけれど、おみやげをぎっしり詰めたスーツケース大ともう一個のスーツケース小を持って早朝、しかも飛行機から降り立ってすぐに電車に一人っていうのも、ちょっとしんどい。というわけでモルガンに迎えに来てもらうことにした。
 しかし、暑〜い。。
 
 電車に乗ろうと切符を買っていると、モルガンの動きがふと止まる。「うんっ? 何だ、これ」すると近くにいたおじさんが「今日は朝から30度を超えていて、大気汚染を防ぐために車に乗らずに過ごそうってことで安いチケットがあるんだよ」よく見ると『Forfait Anti-pollution』と書かれてある。直訳は『汚染防止のための割引券』ってことだ。きゃー、おじさん、ありがとう。普段なら10ユーロかかるのに3.8ユーロでパリまで行けた。「あ〜、行きも知ってたら。。」あー、そうなのね。。モルガン、残念。。
 
 

   Dianeのアパートの通りにはこんなお店。
  ネズミが。。
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire