2014/03/24

île de batz (バ島)

 
 フランスの田舎へ行ったら、少し足を伸ばして、島へ行くのもおすすめだ。フランスにはたくさんの島が点在している。下手すれば地図にも描ききれていないほどの小さな島もある。
 
 Plougasnou(プルガノー)から船で行くこともできる、île de batz(イル バ)もすてきなところだった。フランス語で îleとは島という意味である。一番近い町、Roscoff(ロスコフ)から船に乗って10分ほどで着いてしまうほどの距離だ。すぐそこに見えるので泳いで行けそうな感じに思えるほど。長い桟橋をひたすら歩くと、フェリー乗り場があるのだが、そちらのほうが遠くにさえ感じる。バ島へ行くお目当てはもちろん海なのだが、サイクリングも楽しい。レンタサイクルも港近くにあるし、小さな島だから細い小道も多く、車よりも自転車のほうが断然、便利だ。もちろん、用意して来たパンやハム、ビールやジュースなどのピクニックセットを持って出発。自転車で遠出して、海で泳いで、お茶してなんて欲張っていると、あっという間に夕方だ。
 島へ行くなら時間を調べて早く出かけたほうがいい。帰りの便も本数が少なく、早々と最終になったりするので、後ろ髪を引かれる思いでもうちょっと遊びたいなんてぐずぐずしていると、フェリーに乗り遅れてしまう。ホテルもあるが少なく、予約がなければ泊まれないかも。。気をつけなきゃ~!!!

Aucun commentaire:

Publier un commentaire