2016/02/29

サヴィニャック


 フランスといえば素敵な雑貨をイメージする人も多いと思う。フランス人や他の国の人は何か好きだなとか、ちょっと買ってみようかなくらいは思っても、高額な値段を出してまでっていうのは想像しにくいようだ。私も好きだからフランス滞在中はけっこうな時間を費やして蚤の市に繰り出す。そして掘り出し物を見つけてはウハウハしてるんだけど。。高いものはなかなか手が出せない。

 フランス人の中にも蚤の市好きや雑貨好きもいるけれど、わたしたち日本人ほどではない。よく、こんな感じのものを探してるんだよね〜、なんて話してると、こんなのだったらあるよと棚の奥深くのところから出してきてくれる。「えっ、いいの?」「だってあるのすら忘れてたくらいだもん」ってことも幾度もある。それって、好みの問題もあるけれど。。言ったもん勝ちっていうか、言ってみるもんだなぁってよく思う。。
 
 私も雑貨好きだけれど、それほど詳しいわけでもなく、この年代のこんなものが高値がついているとか全然わからない。フランス人アーティスト”Raymond Savignac”『レイモン サヴィニャック』の作品は人気でどれもいい値段がついている。どれも特徴的だから一目でサヴィニャック作品だとわかりやすいけれど、でも中にはこれってサヴィニャックなの?ってものもあったりして。で、蚤の市で見つけてても買って帰らず、あとでサヴィニャックだったなんてことも。。蚤の市で5ユーロくらいだったのが日本で2万くらいで売られているのを見たときはショッキングだったなぁ。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire