2015/03/23

Mont-St-Michel


 フランス人の友達とヴァカンスを過ごすのは、フランス滞在中の楽しみのひとつだ。友達の実家やいわゆるガイドブックには載っていないような小さな村や町を訪れることがかなりの楽しみ。そんな機会はそうそうないし、私たちはほんとに恵まれていると思う。

 それでもやっぱり、パリに暮らしていた頃、主要な地方都市や町にはいろいろ訪れた。かのMont-St-Michel(モン サン ミッシェル)もそう。ノルマンディー地方南部、ブルターニュとの境目にあるSt-Malo(サン マロ)湾上に浮かぶ、あの小さな島だ。写真や映像で見るよりも遥か、目の前に浮かぶモン サン ミッシェルを目の当たりにすると、神秘的で感動する。一度は訪れたいところだ。
 
 そんなモン サン ミッシェルに息子は訪れたことがない。私たちはすでに行ったことがあるし、旅を供にするフランス人の友達もそう、もちろん訪れたことがある。ノルマンディーに住む友達の家からも目と鼻の先にあるし、ちょっと先のほうに見える位置まで行ったこともある。。「モン サン ミッシェルに行ったこと、ある?」と、まだ小さい頃の息子。「ほんの近くまでは行ったこと、あるんだけどね。。あっ、ちょっと向こうに浮かぶモン サン ミッシェルは見たことあるから、行ったようなものよ」なんて言ってしばらくの間誤摩化してたけど。。次は行こう、もっと近くに、ねっ。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire