2014/11/20

Tatie


 フランスや多くの他の国では、友達や周りの人の名前を呼び捨てにするのが普通だ。日本では、大人になればなるほど、敬称を付けて呼ぶことが多い。呼び捨てでなければ、小さい頃は”ちゃん、くん” 大人になれば ”さん”をつけたりするけど、フランスでは小さい頃から、誰かれ構わず、呼び捨てにする。
 
 Papa「パパ」やMaman「ママ」、Papie(パピィ)「おじいちゃん」Mamie(マミィ)「おばあちゃん」はそう呼ぶけれど、例えば、目上の兄妹も呼び捨てだし、隣のおじさんやおばさんだって、呼び捨てだ。そもそも、日本で言うところの歳の離れた人に使う『おじさん』『おばさん 』ってニュアンスの言葉が、フランス語にはない。
 日本では、子供の友達にはだいたい「◯ ◯のママ」と呼ばれるのが当たり前だ。この呼び方、嫌がる人もいるけど、私は嫌いじゃない。そんな風に呼ばれるのは子供が小さい頃だけだし、事実、そうだから別に何とも思わない。それよりも息子にも「ママ」と呼ばれてないから、そこだけはしっくりこないけど。。
 
 フランスでは、おばさんではなくて『叔母さん』は”Tante”(タントゥ)と言うのだけど、名前ではなくて、親しみを込めてTatie(タティ)とか Tata (タタ)と呼ぶこともある。これがまた、ほんとにかわいくて大好きな呼び方だ。叔母さんのこともやっぱり呼び捨てのことが多いから、滅多に聞けないけど。。友達のElianeが姪っ子にこう呼ばれていたのを聞いて、何かいいなぁと思ったけど、Eliane、何人姉妹だっけ? 5,6人いた気が。。みんな、こう呼ばれてんのかな。
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire