2015/11/10

作り置き


 ちょっと出かけるから作り置きしようと思うとき、日本だったらけっこうあれこれできる。カレーとかシチューとか、スープ類や煮物だって、今の季節ならわるくなりにくいから何でも大丈夫。便利なことに作り置きっていう知恵がある。

 フランスって、作り置きって習慣、あったっけ? 明日のためにとか、忙しいときのために冷凍しておこうとかそういうのってあんまりない気が。。
 例えば、オーブンで焼いた肉が余ったから次の日に食べるとか、多く作り過ぎた”Carottes râpées”『キャロット ラペ』が冷蔵庫に残ってたりは時々あるな、そういえば。。
 フランス人は何も食べるものがないとき、バゲットとチーズ、パテ、ハム、それにワインさえあれば別にいい。家に野菜があればサラダを作ってもいいけれど、お総菜屋さんで『キャロット ラペ』や”Taboulé"(タブレ)『クスクスサラダ』を買ってくればいい。

 主食がパンっていいな。ごはんは炊かなければならないし、土鍋で炊いてる間、火から目が離せないし。。パンは大好きだから主食でもいいんだけど、和食にはやっぱりごはんよねぇ。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire