2015/11/11

普段使い


 フランス人は普段の何気ない生活の中でかごを使うことも多い。Marché『マルシェ』へ行くときやスーパーにちょっとしたものを買いに行くときもかごを持って行く。重いものや量がかさばるときはカートが便利だけど、家のキッチンや玄関先のすぐ手の届く場所に手軽に持って行けるかごが置いてある。仕事帰りや出先から買い物に立ち寄るときは、エコバックを持って行く人も多いけれど、それを忘れてしまい、スーパーに落ちてある段ボールに入れて持って帰る強者もいたりする。。

 あと、フランス人がかごを使うのをよく見かけるのは洗濯物を入れていたり、野菜を入れて保管するときだ。意外に家庭菜園をする友人もいて、収穫にはかごを使い、風通しのよいかごにそのまま入れておく。日本でも田舎のおばあちゃんが畑で穫れた農作物を入れておく、あんな感じだ。でもちょっとかわいいのやらステキなかごがあったりして、泥だらけの野菜を入れちゃうのはもったいないな、と思ったりして。。
 
 日本ではかごはちょっと高くてお洒落なものだけど、フランスではそんなに大袈裟なものではない。どの家にも欲しいなと思う、無造作に置かれたかごがひとつはある。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire