2015/11/02

びっくりしたこと


 東京に初めてやってきたとき、人が溢れているのにもびっくりしたけれど、一番びっくりしたのは電車の車両が長かったことだ。田舎の電車は2両とか3両くらいだった。そのうえ、長い車両に人がたくさん乗ってきて、みんな吊り皮を持っていなくてもびくともしない、それにもびっくりした。。私はこの人の多さと電車に慣れるまでしばらく時間を要した。

 さて、それなりにいろんなものを見聞きして訪れた初めてのパリで、一番びっくりしたのは何だったけ? 日曜日にどこも開いてないことにもびっくりしたし、雨が降っても傘をささないこととか、隣のレジを打っている店員同士でおしゃべりしていたり、びっくりしたことはいっぱい、いっぱいある。ほとんどしゃべれないのに英語がペラペラだと思い込んでるフランス人とか、一個のスポンジでお皿もテーブルも床までもゴシゴシしちゃったり。。スーパーではまだお勘定の済んでいないものを食べてたり、とにかく始めの頃はびっくりすることばっかりだった。自分の中で今では当たり前のことになってしまったそんなあれこれをつらつらと書き綴って600回となった。もっともっとあるはず。もう少し続けよう。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire