2015/11/07

老舗カフェ



 パリほど老舗という言葉が似合うところはないかもしれない。実際、何代も続く古い店も多く、建物自体が古いから余計にそういうイメージを持っている。
実際、パリは観光客も多く、世界的に名の知れた老舗も多いから、受け継がれた味だったり、技だったりはそうそう崩せるものでもなく、大変なんだろうなと予想はできる。

 よく老舗カフェとかって言われるようなところって、やっぱり客も多く、いつも賑わっている。店員さんの接客もこなれていて、スーッとした感じ。ただし、やっぱり料金は高い。でもサービス料だと思えばそうでもないのか。。
 
 パリを初めて訪れたとき、そんなCaféも一度は行ってみたくて、例えばサンジェルマン デ プレにある”Café de Flore『カフェ ド フロール』や”Les Deux Magots”『レ ドゥ マゴ』には行ってみた。サンジェルマン デ プレ教会前のこの辺りは観光客が多い割に落ち着ける界隈。道が広くなっているからだろうか、さほど派手さがないからだろうか。オペラやシャンゼリゼ界隈に比べると、入るのも座っているのも全然苦ではない。
 でも住み始めてからはコーヒー1杯の値段も高いし、お上りさんのようでなかなか行かなかった。でもいつも行くようなCaféよりもちょっとだけ優雅な気分になれるから、たまにはいいのかもしれない。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire