2014/04/02

A bientôt!!!

 
 数年前、パリに滞在中、同じく日本に住むDanielleがパリに来ていて、「今から、会わない?」と電話があった。Luxembourg(リュクサンブール)公園内の美術館で、めったに観られない展覧会が催されているとのこと。聞くと、正直あまり興味のない展示だったが、仲良しの友達3人と一緒らしい。
 Danielle60歳は優に超えているお年頃。長年、日本でひとりで生きてきたからなのか、なかなか一筋縄ではいかない、一言で言うなら頑固者だ。たまには同い年くらいの友達が4人で集まってる、かしましいところを見たいと思い「行く、行く!」と、待ち合わせた。
 展示を観覧し終え、公園内のCaféでお茶しようということになった。注文も終え、みんなが一斉にしゃべり始める。フランス人はおしゃべりが好きだ。今、観て来た展覧会についてしゃべり、時々、私のパリ滞在中の話を聞いてきたりと、早口で怒濤のようにしゃべり続ける。私は井戸端会議みたいな、フランス人のおしゃべりの時間が大好きだ。いやー、ほんとに真剣な話から、どうでもいい、つまらない話まで同じペースで話し続ける。
 みんな、満足したのか、そろそろ帰ろうということになった。私とMichèlleChocolat chaud(ショコラ ショウ)『ホット ココアDanielleとあとの2人は、全然別々のものだった。私とMichèlle5ユーロずつちょうどを出し、みんなの会計を待った。
 「あら、ぴったりないわ。」と誰かが言い、お金のやりとりが始まった。「私が10ユーロ出すから、あなた、8ユーロ出して。」「私は、おつりが返ってきたら、2ユーロもらって、、あら、合わないわね。」15分ほど、こんなやりとりが続いた。
 結局、「Danielleが出し間違えたのよ、足りない分出して。」とみんなから言われ、納得できないが渋々出すDanielle。えーっ、あの頑固で、一度言い出したら聞かないDanielleが出してる。。何だか、意外な一面を見た気がした。でも、そんな光景は後にも先にも一度きりだ。
 そんなDanielle17年間の日本暮らしに別れを告げ、今日、フランスに戻る。いろんな逸話を残してくれたから、またいつか書こう。
 
 またね、Danielle!!! A bientôt et Gros bisous!!! 
 ちなみに、かしましい仲良し4人組は今も健在だ!
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire