2014/06/06

旅先からの絵はがき


 旅先から絵はがきが届くのって、何だかうれしい。元気で楽しんでるよと一行だけだったりするけど、その町の観光写真が載ったベタな絵はがきだと、何故だか、尚うれしい。

 フランスの小さな村や町をいくつも訪れ、その都度、おみやげ屋さんに立ち寄り、絵はがきを選ぶ息子。1枚よりも複数枚買うと安くなっていくので、3枚とか5枚とかを購入する。何枚か便りに使っても、余った分は旅の思い出に持って帰る。余計なものが増えるなぁと内心思っていたけど、集まった絵はがきを見直すと、これがなかなかよいのだ。
 容姿を的確に捉えた建造物、俯瞰で見下ろす街並み、こんなきれいな場所があったのかと思うようなアングル。うまいとか、アーティスティックだとかそういうことではないのだが、とにかく、その町や村がはっきりとわかる写真なのだ。その場所でしか買えない絵はがきは、楽しかった旅の思い出のひとつになる。

 フランス人の友達から絵はがきを受け取るのが好きだ。簡単で他愛のないことが書かれているだけなんだけど、最後の欄には、家族それぞれの名前がそれぞれの筆跡で書かれてある。これを見ると、ほんわかした気持ちになる。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire