2014/06/25

Galette


 何でも、ちょちょいとやってしまうフランス人。気負ってなくて何だか羨ましい。例えば、友達の家にお呼ばれしたら、簡単にタルトやバウンドケーキを焼いてみたり、庭の木の果実がたくさん実った日には、突然ジャム作りを始めたり、今日はこれやるぞ〜と意気込んだりしない。
 そんな感じだから、スーパーで買わなくても当分間に合いそうなくらい、手作りジャムが並んでいる。自分ちで取れたすももを使ったジャムだったり、お姉ちゃんが作ったブルーベリーのジャムだったり。甘さもほどよく、そのまま食べても十分に美味しい。どの友達も何かしら得意な家庭の味を持っていて、それはお母さんやおばあちゃんから受け継がれているのだ。
  
 MarieのBretagne(ブルターニュ)の実家を訪れると、同じ時期に来ているMarieの姉妹が台所に立つ。Nantes(ナント)に暮らすClaude、Bruxelles(ブリュッセル)に住むChantal、そして末っ子のMarie。みんな、手際も味もピカイチだ。人数が多い時は、みんなに行き渡るまでに時間がかかるのでなかなか大変だけど、ガレットを作っておやつに食べさせてくれたり、とにかく、ちょちょいと作ってしまうのだ。
 そんなみんなに、お好み焼きを作ってあげようと材料を持参したけど、作る機会を逃し、私たちはパリへ戻ってしまった。そこはフランス人。ちょちょいと、みんなで作って食べたらしいのだが「ガレットみたいでおいしかったよ」と大好評。
 もしかしたら、ガレットみたいに薄く、折り畳んだりして食べたのかも。。まさか、ヌテラを塗ってみたとか? 聞けばよかった。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire