2014/06/10

『Kuisinbo~』


 ありそうでない、いや、あるんだけど気軽に食べられないから、ますます食べたくなってしまう。

 夏が近づくと、フランスの田舎の夏祭りを思い出し、そうするとムール貝が食べたくなってくる。Bistroとかでなくてもいい、夏祭りの屋台のムール貝が食べた〜い。ちょっとクセもあるし、苦手な人も多いけどワイン蒸しにニンニクが入っていたら最高だ。こんもりと入ったムール貝を食べ始めると、みんな無口になる。Marieたちとの旅では幾度となく、ムール貝を食べたが、あまりにも一生懸命食べるので「みんな、Gourmand(グルマン)だね」から始まり、日本語で俗に言う『食いしん坊』がこの年のみんなの合言葉になった。
 食事の度に「Kuisinbo~」を連発し、誰が一番の食いしん坊か、言い合うのだ。Marieの子供たち、もうすでに高校生だったXavierも、小さい頃から好き嫌いなく食べるAliceも、そして我が家の息子も間違いなく、食いしん坊だ。息子も小さい頃からよく食べるのだが、フランスへ行くと、ますますはりきって食べる。
 いつものように食事をしている時、「でも、やっぱり、Kuisinboの一等賞はRinだね」とXavierが口にした。めったに怒らない息子がむくっと立ち上がり、ムール貝を頬張り始めた、すごい勢いで。。あまりにも言われすぎて腹が立ったのか、Xavierのほうがもっと食いしん坊だと言いたかったのか。。まっ、すぐに機嫌も直り、また食いしん坊の話で盛り上がったけど。
 
 あれから、ますます食いしん坊に磨きをかけたから、きっと、今は間違いなく、息子が一等賞だな。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire