2015/12/17

色とりどりのスーパー


 フランスのスーパーで大きな大きなタッパーに入ったグミを見たときは、ちょっとびっ
くりした。グミ好きの息子でもさすがに欲しいと言わないくらいの大きさだったけれど、子どものいるお家におみやげとして持って行くために、友人はけっこう買っていた。実際、何度ももらったりもしてこんな身体に悪そうなもの。。と思いつつ、その色とりどりのグミに惹かれるのは私だけではないはず。。

 フランスのスーパーには見た目、ちょっと身体に悪そうなお菓子がたくさんある。でも反対にこのお菓子ってば身体に優しそう、ってものも多く、フランス人ママには人気があるらしい。以前は専門店に行かなければ買えなかったBIOのものも、今は普通に身体に悪そうなお菓子と一緒に並んでいる。そりゃ、身体によさそうなものを選びたいけれど、子どもたちは色のいっぱい付いたチョコやらカロリーの高そうなものが大好きだ。ポテトチップスは大袋でなければ気が済まないし、一枚がでっかいチョコチップクッキーなんて一気に数枚平らげる。クリスマスの頃になるとなぜか色とりどりのフランスのスーパーがやけに懐かしい。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire