2015/12/12

Marché


 今はおしゃれなお店やカフェが建ち並ぶ北マレ。以前は特におしゃれな店もなく、どちらかとういうと治安の悪い界隈だった。友人の家に行くと帰りの夜道はちょっと怖い、そんなところだった。

 でも最近は、パリ滞在中に何度か訪れる。立ち寄りたい本屋さんがあるし、新しいお店もどんどんできている。そして、常設マルシェ”Marché des Enfants Rouges”『マルシェ デ ザンファン ルージュ』も楽しい。パリで一番古いマルシェにはイタリアン、クスクス、和食などの屋台が並び、いつも混み合っているらしい。
 でもいつも、夏に訪れるとヴァカンスで閉まっている屋台も多い。私が暮らしていた頃の北マレは別にこれと言って何もなく、だからわざわざ行く用事もなかったし、しかも、そもそもマルシェは近所に行くのが普通なのだ。野菜や果物の重い荷物を持って帰るのだから、そんなに遠くまでは行かない。というわけで、ここ『マルシェ デ ザンファン ルージュ』に初めて訪れたのは、北マレがおしゃれ界隈になり始めた頃の雑誌取材のためだった。マルシェって暮らしている人にとってみれば生活のためのところ。いいマルシェだからといって、パリ中のマルシェに行ったことがあるわけではない、うん。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire