2015/12/24

Joyeux Noel


 今日はクリスマスイヴだ。息子もサンタさんにお手紙を書くような年齢はとうの昔に過ぎ去ってしまった。男子だからか、さほど欲しいものもなく、ここ数年、クリスマスは淡々としている。まぁ、こんなもんだ。

 さて、今夜はフランスから友達夫婦がやって来た。初めてパリを訪れたときに家に招待してくれて、中華料理店にも連れて行ってくれた。その頃、2歳くらいだった上の子は今、日本で仕事している。ふたりは見ず知らずの私にやさしくしてくれて、知らぬ土地で心強かったし、ほんとにうれしかった。その付き合いはずっと続き、今に至るわけだ。友達んちは男の子ふたり。行くたびに遊んでくれたり、面倒をみてくれて息子にとっても気心知れたお兄ちゃんという感じだ。
 ちょっと片付けの合間に開いてしまったアルバムにも、そんなほのぼのするような姿が写し出されていて見入ってしまう。そして、そんな話で大盛り上がりになり、でもずいぶん昔のことすぎてみんなの記憶が一致しなかったりして。。そのうち、日本で働く上の子がシャンパンを持って現れ、しばらくしたらこの家族に会わせてくれたお兄ちゃんが現れたり。。今日はいつもと違うクリスマスになった。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire