2015/12/03

Petit Pan


 パリは子ども向けのお店がたくさんあって、しかも大人も楽しめる、そんなお店も多い。息子が小さい頃は洋服やおもちゃを探しに行っていたけれど、だんだん大きくなってくると、自分のためのものを探すために行っていた。パリの子ども向けのお店は大人でもじゅうぶん楽しめるものがたくさんあるのだ。雑貨やオブジェなどインテリアのアクセントになるもの、それに子ども用サイズでも着れるものがあったりするから、ときには試着して買ったりもする。子ども用だけど『こどもこども』していないというか、店内も商品も遊び心がある。

 日本でも人気の”Bonton”(ボントン)もそうだ。ちょっとしたものがかわいい。トートバッグや缶バッジ、昔の文房具のレプリカなど、大人でも欲しくなるものが並んでいる。
 3区にある”Petit Pan”(プティ パン)も楽しくなる、そんなお店。ちょっとキッチュでカラフルな店内は一度訪れると、また行きたくなってしまう。布地もたくさんあり、もの作りが好きな人にも喜ばれるお店。ちょうど雑誌の取材で突撃訪問したとき、お店の人にあからさまにイヤな顔をされ、まぁ、アポを取っていなかったから仕方がないんだけど。。でも結局、「いいわよ、パパッと撮っちゃって」と撮らせてくれたいい人。今度、行ったらまた覗いてみよう。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire