2015/12/08

Isabelleの実家


 昨日のブログの庭は、友達 Isabelleの実家の庭。庭っていうか、草原というか、とにかく広い。初めて訪れた時、冗談かと思ったくらいの広さでびっくりした。でも、最近ちょっと心配していたことがあって、でも今のところ大丈夫そうで安心している。Isabelleのママが昨年亡くなってしまい、もしかすると売りに出すんじゃないかと思ってたから。。
以前、Isabelleがよく言っていた。「ママがいなくなったら、あの家は維持できないと思うからきっと売ることになるわ」と。。日本と同じく、相続税を払うのはかなり大変で、あんな大きな家とプール、テニスコートまである広大な実家を維持するのは、ほんとに大変だと懇々と語っていた。そりゃあ、そうだな、と納得もした。

 でも今のところ、売りに出すこともなく、休みのたびに兄妹たちが集まってワイワイやっていると聞いてホッとしている。私たちも何度も訪れて過ごしているところだから、最近は行けていないけれど、もう二度と行けなくなるのはやっぱりさみしいから、ずっとあってほしいと願う。

 さて、はじめて実家の話をやんわり聞いた時、Isabelleに「お金持ちなのね〜」と言うと、ふふふと否定しなかった。でも「田舎だからよ〜。土地も安いから」いやいや、ほんとに大きすぎてスゴすぎるから〜。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire