2016/01/14

パブロフの犬?


 今日のお昼はフランス風ビストロに連れて行ってもらった。ところどころにフランスっぽい感じが出てて、しかもサービスの人がフランス人。私、フランス人を見ると何だか元気になる。それが知り合いでなくても、会話を交わさなくても、だ。話しなんか始めたら止まらない。フランスが好きなのか、フランス人が好きなのか、フランス語が好きなのか。。フランスと聞くだけで、もはやパブロフの犬のように反応してしまう私。はは、それは言い過ぎか。。

 さて、遠くにいて声が聞こえなくても、その人がフランス語をしゃべっているかどうかわかる。フランス人だからってわけじゃない。動きでわかるのだ。ノリっていうか、揺れ方っていうか、口で説明するのはちょっと難しいのだけれど、とにかくわかるのだ。なので、フランス語をしゃべるときはとにかく、そのノリになる。これでフランス語は半分しゃべれたようなものだ。これ、けっこうほんとの話。日本語をしゃべるような感じでフランス語をしゃべると、しゃべれるものもしゃべれなくなる。ほんと、ほんと。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire