2016/01/26

共有トイレ


 我が家にはトイレがふたつある。一階と二階に一個ずつ。昔の一軒家には各階にトイレがあることが多かった。わざわざ降りたり上がったりしなくていいから便利だ。

 フランスの一軒家にもだいたい各階にトイレがある。友人の家を思い浮かべると、どの家もそうだ。広い家には寝室ごとに浴室とトイレがある。広い家だとトイレに行き着くまでに暗い所を通るから、ちょっとおっかなかったり、無造作に置かれたものにけつまづいたり。。だから、なるべく近くにトイレがあるといい。

 さて、フランスには部屋以外の共有場所にトイレのあるアパートもけっこうある。昔は共同トイレとして使われていたらしい。今でもあるにはあるだろうけれど、やっぱり部屋にトイレがないのは不便だ。以前にも書いたけれど、パリに暮らしていた頃暮らした、サンマルタン運河沿いのアパートにはもともとトイレがなかったらしい。各階の階段の途中にトイレがあった。何だかこわくて覗くことすらなかったけれど、時々流れる音がしていたから、その頃、トイレのない部屋もまだあったのかもしれない。大家さんには夜中にトイレに行くなら、共有のトイレに行けと言われていた。。いやだ〜、フランスのアパートの真っ暗な廊下にあるトイレなんて絶対行きたくない。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire