2016/01/31

Canapé lit


 フランス人の友人の家に置かれているソファーは肘掛けソファーやそれとセットになった、かなり年季の入ったものをよく見かける。かなり年季って古いってことだけじゃなく、ちゃんと手入れされて大切にされているって意味だ。おじいちゃん、おばあちゃんから受け継いだものを布を張り替えたり、磨いたりして大事に使われている。友人Sophieの寝室に置かれた肘掛けソファーはナポレオン何世かの時代のものだと言っていた。ヴェルサイユ宮殿に置かれていてもわからないくらいくらいの豪奢な型の肘掛けソファー。こんなものが友人宅にはさりげなく置かれている。

 一方、よく目にするの”Canapé-lit”(カナッペ リ)。”Canapé”はソファー、”lit”はベッドという意味だから文字通り、ソファーベッドという意味だ。折りたたみのものもあれば、ぐいっと引き出すものもあれば多種多様だ。一般的なものよりもフランスの『カナッペ リ』は大きくて頑丈だ。それでも、毎日これを使っているとだんだん傾いてきたり、形が崩れていくから身体も痛くなる。便利だけどあまり身体にはよくない。。

 パリで最初に暮らしたアパートは家具付きだったけれど、それこそ100年以上も前のものが多く、そんなに長く在るってことなんだろうけれど、見た目も使い心地もどっしりしていた。私が使っていたベッドも木でできたマットの入っている部分が深く、上に装飾がせり出したような、そんなお姫様のベッドのようだった。心なしかサイズもちょっと小さかったかも。。昔の人用だから?

Aucun commentaire:

Publier un commentaire