2014/12/13

赤い長靴



 町はすっかり、クリスマス仕様らしい。まだ、イルミネーションは見ていないけれど。。もちろん、かのシャンゼリゼ通りもイルミネーションが燦燦と輝いている。今の季節は、それを楽しみにしている人たちで混雑するから、あまり行きたくはないけど、長い一本道に連なる灯りはやっぱり、一見の価値がある。

 そういえば、暮らしている頃は子供がいなかったし、旅で訪れるのは決まって春か夏だから、すっかりフランスのクリスマスを忘れてしまっている。どんな感じで過ごしていたんだっけ。。
 よく、スーパーとかで売られている赤い長靴にお菓子が入った、あれってフランスにもあったかな。
 クリスマスじゃなくても、フランスでよく見かける、箱に入れられたお菓子の詰め合わせ。かわいい箱の中に何が入っているかは、買ってからのお楽しみ。
 町のパン屋さんには楽しみがいっぱい。グミや甘いお菓子も量り売りで買えるし、パンだけじゃない、子供たちの心をくすぐるものがいっぱいある。
 中身と値段は釣り合っていないけど、子供にとっては大好きなもの。小さな頃はそんなことでも、うれしくて笑顔が出る。これは世界中、どこでも一緒だな。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire