2014/12/24

鶏の丸焼き


 今日はクリスマス イヴ。フランスの家庭では、鶏の丸焼きがオーブンでおいしく焼かれ、フォアグラや魚介などの豪華な食事がテーブルに並ぶ。

 鶏の丸焼き、日本ではなかなか焼けるオーブンがないし、食べきれないかなと思ってしまう。フランスの家庭には大きな業務用のようなオーブンがあり、時間をかけずとも、こんがりとおいしい鶏が焼ける。いや〜、でも面倒だな、という人には、強力な味方がいる。お肉屋さんの軒先や移動式の車でクルクルとお肉が回っている、あれだ。家で焼くとあんな風にはなかなか、こんがりとは焼けない。回る鶏を眺めていると、ついつい買いたくなってしまう。
 さて、これをナイフとフォークでうまく食べるのが、これまた一苦労。脚の辺りがおいしいのに、ナイフやフォークでうまく切れない。フランス人は器用に食べる人も多い。うまく切ることができなくても、頑にナイフとフォークを使い続ける人もいる。でも、最近はフランス人も肉を手にして、かぶりつく。初めてフランスに行った頃、手に肉を持って食べている人なんて見たことがなかった。フランスの食事情は変わってしまったのか。。でも、おいしい部位は食べにくかったりするから、手で食べられると簡単でいい。でも、食べれるところは、ナイフとフォークで食べましょう。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire