2015/07/16

一家総出


 買いものに出かけるとき、我が家は総出で出かけることが多い。なかなか3人でスケジュールを合わせられず、頻度は減ってきたけれど。。これが習慣になっているから、ひとりで買い物が出来ないというか、面倒になっているかもしれない。これ、という好みがはっきりしているから、人にどうこう言われてほしいものが変わるわけでもないんだけど。。

 フランスの家族も一家総出で買い物に出かける。日本のように四六時中、店が開いているわけではないので、行く日が限られてそうなってしまうのかもしれない。特に子どもたちはその買い物を心待ちにしている。郊外に住んでいる友達んちの子どもたちは「パリへ行こう〜、パリへ行こう〜」と騒ぐ。普段、贅沢に暮らしているわけではなく、子どもたちは頻繁に服を買ったりしない。だからこんな日はあれもこれも一気に買ってしまいたい勢いだ。「Midori、どれがいい?」「これ、似合いそう。この色がいいんじゃない?」そう言うと、みんな素直にそれを試着し、それを買う。迷うのが面倒なのだ。それにまわりの人に似合うよ、と言われたら、それはもう間違いないのだ。だから服など、身につけるものをプレゼントすると大抵喜んでくれるし、ちゃんと身につけてくれる。”Ça te va très bien.”(サ トゥ ヴァ トレ ビアン)『すごい似合ってるよ』なんて言ってあげたら頬を染めてめちゃくちゃ喜ぶ。こんなフランス人もけっこうかわいいな、と思う。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire