2015/01/17

プレッツェル


 フランスにはおいしいものがたくさんある。旅行の醍醐味はやっぱり、おいしいものに尽きる。景観がきれいでも、住んでいる人たちが朗らかでも、おいしいものが食べられない場所を旅するのは疲れる。ビストロや家庭で食べるものはもちろん、町のパン屋さんや、それこそスーパーでおいしいものが買えるなんて、それこそが旅の醍醐味。
 
 フランス、アルザスのStrasbourg(ストラスブール)という町に行った時、駅の店先にちょっと興味をそそられるものが、ぶら下がっていた。
 フランス人がApéro(アペロ)を楽しむ時、よく出てくる袋入りのスナック菓子、プレッツェル。このスナック、味はあまりないのだけど、まわりに塩がほどよく付いていて、絶妙のバランスがほどよい、クセになる味。ぶら下がっていたのは、これのパンタイプのもの。日本でも数年前から話題になり、よく見かけるようになった。さて、ストラスブールに売られていたプレッツェルは袋入りのスナックと同様、味も水分もあまりなくて「あ〜、飲み物ちょーだい」って感じだけど、これまたクセになるおいしさ。一度食べるとハマっちゃうな。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire