2015/01/28

買い置き


 我が家はみんな食いしん坊だから、ちょっと何か食べたいと思った時にすぐ行ける、コンビニがないと困ってしまう。ほんとはなくてもいいんだろうけど、買い置きしてないものがつい食べたくなるんだから、仕方がない。

 フランスにはコンビニはないし、日曜日はスーパーもほとんど開いていない。Marché(マルシェ)では買えないものが多いし、だから常にCave(カーヴ)には、山のようにストックされた食料品が置かれている。さながら、ちょっとしたお店のようだ。例えば、缶詰、コーフレーク、賞味期限の長い牛乳、ペットボトルの ミネラルウォーターにジュースなど、など。もちろん、ポテチやクッキーなどのお菓子も買ってある。だから、郊外の大型スーパーに時々、家族全員で出かけては大量の食料品を買い込んでくる。最近では、日本にも郊外型のでっかいスーパーを見かけるようになったけど、やっぱり袋は大きいし、入ってる個数が多い。よーく見ると、そこにしかないようなものもあるから、ちょっとした発見もある。子供用の服やおもちゃはパリの中では見かけないようなのが、格安で売られていたりするからおみやげにもいい。 置くスペースも広いからか、地方の名産コーナーなんかも充実していて楽しいし、やっぱり、大きいスーパーは楽しい。
 フランスにコンビニができても、たぶん流行らないだろうな。この買い置きがフランス人は好きだから。
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire