2015/02/14

アッシュ エ エム


 日本でも、最近ではレジで「ビニール袋、要りません」と言えば、いくらか会計から引いてくれる。これがだんだんと浸透していて、みんなエコバッグをすっと出している。ビニール袋って薄いから角のあるものを入れると破れやすいし、何枚も重ねたりするから、不経済だしエコじゃない。ナイロン素材のエコバッグや布製のトートバッグを常に持ち歩く人も増えていて、それを観察するのもまた楽しい。フランス人はスーパーの安く売られているエコバッグやノベルティーに付いてきたものを使っていることが多い。私たちにとってみれば、ちょっとおしゃれにも使えるし、おみやげにも喜ばれるから、見つけると大量買いしてしまう。

 ある年、パリのChatlet(シャトレ)にあるH&Mで新装オープンセールをしていた。つい何気なく入ってみると、入り口でその店の地図が描かれたノベルティーのトートバッグが手渡された。さほど、気にも留めず店を後にして、違うエリアのH&Mに立ち寄ったら、そこは通常営業なわけだから、トートバッグは配られていなかった。すごく気に入ったわけでもなかったけれど、もらえないともらいたくなる。1つじゃ、誰のおみやげにするか迷ってしまうし、どうせなら。。というわけで、用事を無理矢理作って舞い戻り、あと2つゲット。そのうち1つは息子のピアノのお稽古袋になり、何年も活躍してくれた。黒だったから汚れも目立たず、丈夫で破れることもなく、まだ捨ててもいない。なかなか重宝した。
 
 そういえば、H&Mはフランス語読みで”アッシュ エ エム”。日本に出店していない頃からフランスでよく行っていたから、つい今でも”アッシュ エ エム”と言ってしまう。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire