2015/02/08

Domino



 フランスの猫は、日本の猫よりもしっぽが長く、身体も大きい。我が家のポチも大きかった。拾った当初は小さくて全然太っていなかったのに、みるみるうちにまるまると大きくなっていった。
 パリに暮らしている頃、結石を患ってからは病院の療養食を長年食べていた。途中からは、それにダイエット食も混ぜて食べていた。動物病院の先生は毎回「これを続ければ1年で痩せられるよ」と言い続けたのだけど、ポチは一向に痩せなかった。それでも長い年月を経てやっと数キロ痩せたのに、高齢になるとみるみる痩せてしまって、無駄な贅肉が取れて現れた脚の長さにびっくりした。
 ポチはもともと、フランスの猫だったわけだから、日本語なんてわからなかったはず。そう考えると、はじめは私が言っていることなど通じてなかったのかも。。まぁ、言葉がわかっていたかどうかはわからないけど。。
 ポチは名前を呼ぶと、犬みたいにこちらにやって来ていた。”ポ”の一言だけで耳がぴくっと動いていた。何度もやってみたけど、他の言葉では反応しない。それにフランス人には敏感だった。フランス人の友達が来ると、何だかそわそわしてうれしそうだった。何かを感じていたのか、それともフランス語になつかしさを感じていたのかも。
 
 Marieの家にはDomino(ドミノ)という猫が気ままに暮らしていた。普段は外をウロウロしていてお腹が空くと帰ってくる。Marieが留守の時はごはんをあげたりしていたのに、ほとんど知らんぷり。でもきっと、日本語で話しかけてもわからなかったのかも、と今になって思う。どうだろう。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire