2015/02/06

Diva


 前回に引き続き、フランス映画について。やっぱり、フランス映画って奥が深いと思う。しっかり観ていないと、ちょっと目を離した隙にわからなくなってしまうことがある、それがフランス映画だ。

 毎日のように映画を観ていた時期がある。それがきっかけでフランスが好きになったと言っても過言ではない。そんなフランスでは、映画がたくさん撮られている。フランス映画はもちろん、海外の映画もフランスを舞台に撮られていて「あーっ、ここ知ってる」と言いながら観るのも、これまた楽しい。
 
 さて、一番好きな映画を決めるのは難しい。観たけれど、もうすっかり内容も覚えていない映画だってたくさんある。何度も観たくなって、何度も観た映画もある。”Diva”(ディーバ)も、そんな映画の中の1本。Jean-Jacques Beineix(ジャン=ジャック ベネックス)監督の初の長編作品。その後は、”37-2 Le Matin”『ベティ ブルー』や ”Assigné à résidence"『潜水服と蝶』などの映画も撮っている巨匠だ。そのどちらもよい映画だけれど ”Diva”は何度も観たくなる映画。パリのレイトショーでも何度か観た。でも、初めて観てから何度も観たけれど、全編通して観たことがあるのは初めての時だけ。。一度観たから安心してしまうのか、Divaが歌う音楽が心地よすぎるのか。。
 物語としてもおもしろいけれど、パリの町をバイクで走ったり、歩いている時の情景だったり、とにかくパリを堪能できる映画。それに映画のところどころに潜む、センスの良さも感じられてかっこいい。そろそろ、また観たいな。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire