2015/05/24

Bac


 フランスと日本の教育システムはかなり違う。フランスでは大学へ入学するために ”Baccalauréat”(バカロレア)『バック』の試験を受ける。この試験というのは、専門的な科目と選択科目、そしてどの分野も必修の4時間かけて答える哲学の問題。哲学が必修とはいかにもフランスらしい。
 バックを受ければ誰でも大学に入学することができる。それより難易度の高い”Grandes écoles”(グランゼコール)へ行くには、さらにそこへ行く準備をするための学校へ行った後、試験により入学の可否が決まる。誰にでも公平に大学入学の道は開けているけれど、より難しいところへ行くには努力しなければならないのは、日本と同じだ。ちなみに一般的な大学はお金がほとんどかからない。

 フランスでは塾というのは存在しない。学校の授業時間も長く、しっかり学べているということか。。とにかく、日本では小学生が受験するために塾に行っている話をするとフランス人は皆、びっくりする。
 日本もフランスのように入るのは比較的簡単に、後は努力次第ってことになればよいのにと思う。

 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire