2015/08/28

コーヒーショップ


 フランス特集が載っている雑誌が出た。最新のパリ情報だ。実際のところ、今現在、パリで何が流行っているかは、しばらく訪れていないからわからない。フランス人の友達に ”Quoi de neuf?”(クワ ドゥ ヌフ)「何か変わったことはある?」と聞いてもみんな、”Rien de spécial”(リヤン ドゥ スペシャル)「特に何も。。」と返ってくるばかりだ。フランス人は流行りにはあまり敏感ではない。特に郊外に暮らしている友達にとって、パリは遠いところに感じるらしい。

 話は逸れたけれど、雑誌のページをめくってみる。知らないお店がたくさんできている。最近はアメリカンスタイルのコーヒーショップが増えているみたいだ。あんなに古くからのCaféにこだわっていたのに。。そしてコンセプトショップもどんどん増えている。以前は小さな店が多かったけれど、かなり広めのライフスタイルショップやセレクトショップが流行りのようだ。その店でいろんなものを見つけることができて便利と言えば便利だけど。。
 クリエイティブな仕事をしているある友人は「レセプションパーティーに行って以来、訪れたことはないし、行こうとも思わないわ」と。。似ている品揃えや雰囲気が好きになれないと言う。「フランス人、少なくとも私の友達は誰も行かないわよ。日本人には人気があるって聞いたけど。。」そう、パリ特集やガイドブックには必ず出ているし、人気もある。パリっ子は流行だけに流されず、新しいものより慣れ親しんだお店を好むのだ。
 コーヒーショップは定着しているのだろうか。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire