2014/05/10

旅の計画


 さて、Strasbourg(ストラスブール)からどこへ行こうかな、いつもこんな感じで旅が始まる。フランスに着いてからどこへ行くかを決めるので、あらかじめ、ガイドブックを準備しておくってこともない。とりあえず、友達に聞いてみたり、FNAC(フナック)へ行き、ガイドブックをパラパラめくってみる。FNACとはフランスのどこにでもある、本やCD、DVDなどを扱っているショップだ。音響機器やライブチケットなども扱っている。書籍の品揃えはよく、旅行のコーナーにもずらっと本が並んでいる。でも、写真集(?)みたいな写真メインのガイドブックや、ミシュランみたいな地図が本棚のほとんどを占めていて、あまり参考にならない。なかには写真なしのガイドブックも売られていて、これを見て旅したい意欲が湧く人っているの?と思ってしまうものもある。いやいや、フランスらしい。
 
 だいたいの目星をつけて、いざ出発。Strasbourgから小さな町、Colmar(コルマール)へ向かった。まず、i(アンフォルマシオン)と書かれた『インフォメーション』に行き、泊まるホテルを探し、ここや近くのCaféで情報を仕入れる。現地の人に聞くのが、早くて確実だ。Alsace(アルザス)はドイツとの国境近くに小さな村が点在する地方だ。ドイツ語の名前が残る、見ただけでは何度聞いても覚えられない名前の村をいくつか教えてもらい、バスの時間を調べる。一日に数本しかないバスではどんなにがんばっても、一日にひとつの村しか行けない。村から村へのバスはほとんどなく、Colmarに発着の拠点があるのだ。
 行ったはいいけど、村から、そしてColmarからパリへ帰れないかも?の危機が。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire