2014/05/18

Mosquée


 国立自然史博物館で、動物たちの大行進を堪能したあとに必ず立ち寄る、Mosquée(モスケ)。ここの甘いミントティーを一度味わうと、ほんとにクセになる。とにかく、中庭の開放感とパリであってパリでない、この感じがなかなかいい。パリの魅力のひとつには、パリっぽさと、違う国の文化がうまく合わさっているところにあると思う。
 
 さて、ここではお店の人が、プレートいっぱいに載せて運んでくるミントティーと、どれを頼めばいいのかわからないくらい、種類が豊富なアラブのお菓子を頼む。中庭のテラスの木々にはスズメたちが待機していて、お菓子のおこぼれを狙っている。これがまた不思議なことに、食べ終わる寸前を見計らったように降りてくるのだ。こうなると、あげないわけにはいかない。
 アラブなお菓子は見た目も小振りでかわいいし、つい食べてしまうのだが、未だに種類を覚えるどころか、味の違いがわからない、正直言って。。胡桃やアーモンド、ココナッツを使ったものが多く、においも味も似たものが多いと思う。なので、毎回、お店の人にいろいろ聞いて頼んでしまうので、味も名前もいつまでたっても覚えられない。でも、いつも、おいしかった〜と満足するので、結論、どれもおいしいってことだ。油で揚げているものが多いので、意外にすぐにお腹いっぱいになるから、頼みすぎないように要注意。でも、一個ぐらいおすすめを書きたかったな。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire