2015/09/10

フランスの学生


 フランス人学生はお金がない。服はすり切れるほど着込んでいるし、靴は破れていたりしてボロボロだ。バッグだっていつも同じリュック、しかもこれも破れてる。でもこれってけっこう普通のことで、この姿を見てから日本の若者の姿を見るとやっぱりおしゃれさんだなと思ってしまう。

 これってやはり価値観の違いなのだと思う。中高生はもちろん、大学生ですらこうなのだ。自分で稼ぐようになるまでは無駄遣いはしない。古着屋や手頃な値段の店でおしゃれを楽しむのだ。最近では日本でもこんな店が増えてきて、安くておしゃれな服を探せるようになってきたから、あまり大差がなくなってきているかもしれない。でもやっぱり、バッグやアクセサリーを見るとお金の使い方がわかる。
 
 フランス人の子どもたちもちょっとした手伝いやバイトをして欲しいもののためにお金を貯めている。そこはどの国でも同じなのだ。でもたぶん、フランスでは大学生くらいになると生活費やヴァカンス時期の旅行代のためにバイトするのだ。ただ、フランスは大学を卒業するのがなかなか大変だから、バイトをするヒマもそうそうはないらしい。
 勉強はがんばり、ヴァカンスは思いきり楽しむ。そして、時々バイト。バランスがいいなと思う。

 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire