2015/09/03

新ピカソ美術館


 パリへ行くと必ず訪れるピカソ美術館。Marais(マレ)という立地のよさもあり、滞在中に何度も訪れる界隈だからつい行ってしまう。こじんまりとした美術館で見て回るのにさほど時間もかからない。そして何より、息子が観てもわかりやすいのだ。

 息子が小学校に上がると、もらって来た教科書にいろんな絵画や作品が載っていて、そんな絵がフランスのどの美術館にも展示されている。ピカソ美術館もそうだ。教科書に載っているピカソの作品がふんだんに飾られているのだ。モナリザを題材にした映画が流行ったときはルーブル美術館に観に行き、小学校の高学年になった頃、オルセー美術館に行って興奮していた。そりゃそうだ、教科書やテレビで見た絵画や作品が目の前にあるのだから。。そうやって目にしたり、関心を持ったものは印象に残るし、きっと忘れない。

 さて、ピカソ美術館は昨年までの何年もの間、改装のために閉鎖していた。まだ新しいピカソ美術館には行けていない。またパリへ行く楽しみが増えた。
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire