2015/09/21

Place de la Nation


 暮らしている人たちは当たり前に知っている場所でも、ガイドブックにはまったく載らないところもある。そういったところにはもちろん降り立たないし、存在すら知らないままのこともある。フランス人ですら、もちろん馴染みのない駅や場所もあって、パリを一緒に巡ると喜んでくれることも多い。

 私が初めて暮らしたところは、Basteille(バスティーユ)からふたつ駅が離れたところにある”Faidherbe-Chaligny”(フェデルブ シャリニー)。その頃はバスティーユの賑やかさとはうって変わって下町っぽさの残る地味な界隈だった。唯一、一番通った”Marché d'Aligre”(マルシェ ダリーグル)からもほど近いのは便利だったけれど、これと言って何もないところだった。でも、ここ最近はおしゃれなビストロやCaféができて、ちょっと活気づいている雰囲気だ。
 もっと先、バスティーユ広場からフェデルブ シャリニー駅を結んだ延長線上に”Place de la Nation”(プラス ドゥ ラ ナシオン)がある。バスティーユ広場のような塔が二本も建ち、もっと有名になってもいいとは思うけれど、わざわざ観光に訪れたりしないところ。そういえば、私も暮らしていた頃以来、行ってないかも。。というわけで、ふと思い出したので次回パリを訪れた際は行ってみようと思っている。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire