2015/09/08

パリの便座


 パリのトイレ事情は決してよくない、というか最悪だ。何度もトイレ話は書いてきたけれど。。

 そうそう、パリのトイレはちょっと高い位置に付いている。子どもにはちょっと困難な高さだ。しかも、外出先のトイレは便座がないところも多く、実際、フランス人がどんな風に使っているのか謎だ。パリできれいなトイレはほとんどない。だから、トイレに行きたい気持ちも失せる。でも行かなきゃだし、これはいつも憂鬱で繊細な問題だ。

 私は絶対に便座には座らない。そもそも便座がないところにには座りようがないし、パリのトイレは衛生上よろしくない。
 息子とのパリ滞在はそれが一番の悩みの種だった。ほんとに小さな頃には同じ個室に入り、手を貸しながらできたのに、そのうち一緒に入ることもできなくなり、トイレに行く前は必ず「変なところに座らないでよ。汚いから触っちゃダメ」と口を酸っぱくして言っていた。これがけっこうなストレスだ。
 だからなのか、フランス人はほんとにトイレが遠い。一緒に出かけてもほとんどトイレに行かない。家に遊びに来てもトイレを貸してね、なんてほとんど言わない。きっとあのトイレに行くぐらいなら我慢したほうがマシ、って身体が覚えちゃったんだな。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire