2015/09/20

日本人の友人


 パリは広くない。パリは狭いのだ。パリの町の話でもあるけれど、パリの日本人の社会もだ。友達の友達が知り合いだったり、お呼ばれした ”Fête”(フェット)『パーティー』に行ったら偶然、他の友人が来ていたりとか。そんな偶然も一度や二度ではないし、そう行った場で知り合って仲良くなることも多く、まさしく『友達の友達はみな、友達』の世界なのだ。そうやって仲良くなった友達の中には今でも続いている人もいるけれど、連絡の取れない人もたくさんいる。そう、あの頃はパソコンも携帯電話も普及していなくて、メールアドレスを交換することもなかった。連絡の手段は家電話か手紙。日本に帰国した者同士だったら電話は容易だけれど、フランスと日本では電話料金がかさむから、お金のかからない手紙で連絡を取り合っていた。帰国した後の住所が定まらない友人とは実家の住所と電話番号を交換した。

 そのアドレス帳は奥のほうにしまってあるのだけど、時々見ては懐かしんでいる。それを見て、すっかり忘れていたのにふと思い出した人もいる。あ〜、そんな人もいたなぁ、と。。ちょっと失礼だけど、でもかなり時間が経っているからそこは大目にみてもらおうっと。そんな中、誰もが知る有名人になっちゃった人もいて、それはそれで不思議な感じもする。
 ずっと会えてなくて、会いたい人もたくさんいる。連絡を無理に取らなくても会いたい人には、パリで知り合ったのだからパリを訪れたら何か会えそうな、そんな気がしている。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire