2015/09/06

パリの緑


 この間、葉山の海で見かけた男性。浜辺にバスタオルを敷いて、履いてるんだか履いてないんだかわからないような水着で肌を焼いていた男性。日射しは多少あったけれど、さほど晴れているワケでもないのに。。でもあまりにも慣れた様子でひとり寝転ぶ姿はただ者でない感じ。こんがりきれいに焼けているのを見るとちょっと羨ましいくらいだった。

 パリの公園でもこんな姿をよく見かける。特に多くの女性がビキニ姿で寝転がっていたりする。さながら海のようだ。パリの公園は老若男女、いろんな人の集まりだ。こんな風に焼いている人もいれば、ピクニックをする人たち、読書をしたり、子どもたちが遊んだり、町歩きの休憩場所だったり。だから、公園に集まってくるいろんな人たちを観察するのも楽しい。
 そういえば、パリの公園には常設のベンチ以外にも椅子が置いてあり、けっこうその椅子の取り合いになる。ひとり一脚ならいいけれど、オットマン代わりに足元にも使われるとちょっとムッとしてしまう。。でもこんな風にみんなでくつろげる公園がたくさんあって楽しい。アパートの敷地内や窓辺、お店の軒先にも緑がたくさんあるパリは、町だけど町過ぎず、何だか落ち着く。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire