2015/09/13

住居兼アトリエ


 パリも東京と同じくらい人がたくさん住んでいる。アパートの空きもあまりなく、ここのところ家賃も高くなっているので郊外に移り住んでいる人も多い。意外とパリにも工場跡とか倉庫とかに住んでいる人もいて、それは憧れでもあるけれど、きっとなかなか空きが出ないことと、かなりの広さがあるので家賃もそれなりにするから簡単にはいかない。だから、アーティストの人たちは郊外にある倉庫を改装して住居兼でアトリエにしている人も多い。パリよりも安く、郊外でも駅から歩ける距離にある物件だとかなり人気があるらしい。

 何が羨ましいって、改装もペンキ塗りも何でもできちゃうから、ほんとに自分たちの好きなように暮らせていること。普通のアパートよりも天井も高く、広さもあるから、暮らしながら少しずつ手を加えていくこともできる。知り合いのアーティスト夫婦は部屋の他にアトリエもあるけれど、部屋のあちらこちらにふたりの作品や拾ってきた素材が置かれていて、いつでも作業ができる恵まれた環境にあるから余計に羨ましい。そんないい環境があればいい作品が私でもできそう、なんてね。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire