2014/07/14

美容問屋


 パリへ行くと必ず、美容材料の問屋さんを覗くことにしている。駅で言うとStrasbourg-St-Denis(ストラスブール サン ドゥニ)、インド人街の隣の通りにあるPassage(パッサージュ)が問屋街になっている。暮らしている頃は、材料をここで調達していた。この辺りはちょっと怪しげな店も多いので、不思議な雰囲気だ。インド人街のランチはものすごく安く、味も悪くないので時々寄ったりするが、もしかしたら、どのお店も同じじゃないかと噂になったことがある。味も値段も、ほとんど同じだからだ。ここ、Passage Brady(パッサージュ ブラディ)はインドの音楽が流れ、また違ったパリを感じることができるから楽しい。

 大きな通りには、黒人の人たち専用の美容室や問屋もちらほら。駅の上がり口付近には客引きがいて、初めてそこに降り立つと、ちょっとびっくりするかもしれない。黒人の人たちはおしゃれさんが多く、専用のファンデーションやリップは興味をそそられるし、Tresse(トレース)『三つ編みドレッド』を施している美容師さんの手際の良さはうっとりするほどだから、覗き見しながら歩くのも楽しい。私も行く度に、友達 Ismaelに紹介してもらい、三つ編みドレッドをしていたのだが、楽しくもあり、恐怖でもあったその体験は次回。同じく、大好きな、さらにもっとディープな18区、アフリカ人街の話も。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire