2014/07/11

La salade


 暑い夏がやってくる。なかなか食欲も湧かない、そんな日もある。そんな時、フランスでなら、サラダを食べるに限る。
 サラダにもいろんな種類があるけど、私は Salade de chèvre chaud(サラッドゥ ドゥ シェーブル ショウ)『山羊のチーズのサラダ』が一番のお気に入りだ。少しにおいや味にクセのある、山羊のチーズを軽く焼いたものと生野菜がよく合う。Caféでのランチでも、パンが一緒についてくるからお腹も十分満たされる。
 
 夏になると、フランス人の友達の家の冷蔵庫には、Taboulé(タブレ)が常備されている。タブレとは『クスクスサラダ』のことだ。本来のクスクスは、肉や野菜を煮込んだトマトベースのスープと一緒に食べるのが一般的だ。こちらも食欲のない、暑い夏の日に食べたくなる一品だけど、冷たいタブレはさらに食べやすい。お惣菜屋さんやスーパーにも置いてあり、手軽に食べれる一品だ。初めて食べた時、なんて素晴らしいんだと感動した。飽きのこない、食欲不振なんてどこかに吹き飛ぶ一品だ。
 我が家でも夏に限らず、時々作って冷蔵庫に入れておく。クスクスは戻して、塩、胡椒、オリーブオイルで味付けする。野菜はあるもので。トマト、あればズッキーニ、なければきゅうり、タマネギ、茄子、パプリカ、炒められるものはオリーブオイルでしんなりさせる。あとは、ミョウガを入れたりして、塩、胡椒、レモンで味を整える。きゃ〜、食べたくなってきた。フランスで、友達の家の冷蔵庫から取り出したいな。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire