2014/07/06

電波


 今どきは携帯電話も普及して、いつでも、どこにいても連絡が簡単に取れ、ほんとに便利だと思う。たまに山奥に実家があるとか、出掛けたキャンプ先とか、ごく稀に携帯がつながりにくいってことがあっても、音信不通になるなんてことはめったにない。

 何度も出てきたIsabelleの実家は、しつこいようだけど、想像を遥かに超えるぐらい広い。そして、人里離れた田舎なので携帯の電波の届きが悪い。広い敷地の一カ所にだけポイントがあり、そこで電話をかけるしかない。それじゃあ、家の電話にかければいいじゃんってことなんだけど、日中は外でくつろいだり、プールにいたりで家の中にいないし、とにかく広すぎて電話の音が聞こえない。Isabelleが実家に帰ると、何日も連絡がつかないなんてことになり、伝書鳩でも飛ばしたい、そんな気持ちにさえなる。
 
 普段、ひとりで暮らすIsabelleのママは大変じゃないのかなと思うけど、毎日、家の諸用事をしてくれるClaudと週に2, 3回は家の掃除をしに来てくれる人がいて、何ら困ることはないらしい。日々の退屈さはポーカー仲間のおかげでないと言っていた。
 数年前、近くにインターネットカフェができたらしい。Isabelleのママはそこに通っているようだ。あれ、そんな近くにそんなのができるのなら、家の中にも電波が届くようにしてあげればいいんじゃない?

Aucun commentaire:

Publier un commentaire