2014/07/22

本とワイン


 フランス人は本好きが多い。壁一面の本棚にたくさんの本を所有している。本好きの私としては、そっくりそのまま持って帰りたいくらいだ。
 日本に長く暮らしていた Danielleの本のコレクションも、四方八方に置かれた本棚にぎっちり詰め込まれていた。本棚は、隙間なく入れるために、本のサイズに合わせて作られたものだった。フランスに帰国する際、大変だったのは言うまでもない。貴重なコレクションは息子に送り、一部は我が家に、その他はセレクトして持ち帰ったと言っていたけど。
 フランス人はひとつのものを集めるのが好きな人が多い。DVDが付いていたり、コツコツ作る模型や手芸を集めていくものだったり、最近では日本でもよく見かける趣味の本も人気がある。
 
 ワインもそうなんだろうな。もちろん、日々飲むための収集もあるけど、どの友達も年代もののワインを所有していて、飲むためよりも集めて楽しんでいるみたいだ。一軒家に暮らす友達の家には必ず、地下にワインを貯蔵するCave(カーヴ)を持っている。みんな、ワインの価値を語る時、とても幸せそうだ。
 フランス人にとって、古くて希少価値のある書籍と年代物のワインは、きっと同じくらい大切なのかもしれないな。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire