2015/04/25

ハンカチ


 日本では風邪やインフルエンザ予防のために手洗い、うがいをするのが当たり前だ。予防のためにマスクもする。でも他の国ではそうでもないらしいことをよく聞く。フランスもそうだ。そんなことで風邪などを予防できるとは思っていない。そもそも、トイレに行った後も手なんか洗わない。そういえば、トイレとお風呂が同室でない限り、フランスのトイレには手を洗うところがほとんどない。わざわざ手を洗いに行くのなんて面倒だからたぶん手洗いをしないのだ。もし、仮に手を洗っても、手を拭くタオルも用意されていない。お風呂場にトイレがある場合、みんなが使用して干してある誰のかわからないバスタオルで手を拭くことになる。というか、みんな手を洗わないのだから困ったことにはならないのだ。

 外に出かけてもそうだ。ハンカチを持ち歩くこともあまりなく、持っていても気付くとハンカチで鼻をかんでたりするから、本来の意味をなさない。きっと、顔や髪を洗いすぎると潤いがなくなると思っているのと同じく、手も洗いすぎるとよくないと思っているに違いない。いやいや、それにしても。。って思うけど、トイレの後の手洗いぐらい。。
 最近では手洗い、うがいは効果があると少し浸透しつつあるけど、率先してやろうとはしてないみたいだ。手を拭くためだけのハンカチをぜひ、持ってほしい。
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire