2015/06/21

ガス漏れ


 今朝、風呂場のドアを開けたら何かガス臭い。。とにかく、窓を開けて火を使わないようにして、すぐに東京ガスに連絡する。なんと20分後には修理に来てくれた。生死に関わるかもしれない大事であるからだろうけど、この迅速さにちょっとびっくりした。結局、少しガスは漏れはしていたけど、もちろん生死に関わるほどではなかった。。

 フランスでは幸いにもそんなことに遭遇したことがない。就寝前や出かける前など、火の元には気をつけていた。古い建物が多く、もし火事なんかが起きたら非常階段もないしきっと大変なことになる。暮らしている頃から今まで、火事に遭遇したことは一度だけだし、それもぼやだった。そういえば交通事故とかも目撃したことがない。通りで催眠ガスが撒かれたりとか、自分自身が自転車同士でぶつかったことはあるけど。。そう考えるとどこにいても怖いことは起きるときは起きるし、逆に気をつけることもできる。「お風呂に入ってて急に爆発することってないですか?」と修理の人に聞いてみたら「そんなことになる時は居られないくらいのにおいですから。。爆発は絶対ないです。」と失笑気味に言われた。そうなのね、でも念には念を入れて。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire