2015/06/17

Le Mans


 ある年、Nante(ナント)に暮らすClaudeを訪ねたあと、TGV(テ ジェ ヴェ)でパリまで戻る道中、途中下車しながら帰ろうということになった。その途中に立ち寄ったひとつが ”Le Mans”(ル マン)だ。
 ルマンと言えば、すぐに思い出すのが24時間耐久レース。けれど、シーズンでなければそれが体感できるわけでもなく、そこは至って静かな地方の小さな町だ。古い町並みの残る旧市街と大聖堂くらいしか観るところはない。でも私、やることも観るところもあまりない村や町を訪れるのがかなり好きかもしれない。ルマンの地図を見ると一目瞭然、何にもないじゃんと言いつつ、でも何のあてもなく散歩するのは楽しい。

 何もないルマンだったけれど、古い石畳の狭くなっている通りなどは情緒に溢れていて、いくつかの映画の舞台になっていると言われて納得の風景だ。住むのは退屈そうだけど、たまに訪れるのにはよい町だ。私たちが訪れた前後に日本人のサッカー選手がここ、ルマンでプレーしていた。パリから1時間ほどとはいえ、退屈だっただろうなぁ。できれば試合も観たかったけれどシーズン中ではなく、残念。。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire