2015/10/07

車内


 当たり前だけど、フランスで見かける車はヨーロッパ車が多い。フランスのメーカーが多く、その他はドイツ車だったりで、日本で言うところの高級車だ。以前にも書いたし、最近ではよく知られていることだけれど、フランスでは縦列駐車の際に前後の車にぶつけながら無理矢理スペースを作り、隙間なく駐車する。そんな高級車でも、だ。信じられないけれど、真実だ。

 だからなのかどうなのか、車をきれいに乗っている人は少ない。洗車はしないし、車内もいつも汚い。几帳面な人の車の中はまだマシだけど、そうでない人の車はびっくりするものがたまに出てくる。それこそ、食べかけのパンとか飲みかけのジュースとか。。脱いだまま忘れた洋服や帽子、ストールが残されているなんてことは日常茶飯時だ。友人Marieの昔乗っていた車は冗談抜きで足の踏み場がなかった。でも、案外どこに何があるかは把握していて、助手席の下の方から地図を出してきたり、後ろの座席の埋もれたところからセーターを出してきたり。。ちょっとコントみたいで笑えた。
 で、私の知る限りでは車に無頓着な人ほど運転は上手い。
 

Aucun commentaire:

Publier un commentaire