2015/10/13

chez Paul

 
  美味しいものを食べるって大事なことだ。やる気も元気も出るし、何たって幸せな気分になる。フランス人は美味しいものに目がない。それは子どもも大人もおんなじ。小さな頃から美味しいものを追い求めるフランス人。国中あげて美味しいもの合戦してるのだ。まず、素材がいい。そしてこだわりがある。これが一番だ。
  
 11区、バスティーユ駅からほど近いCharonne通りにある”chez Paul”はまさしく、美味しいものを追い求める人々が集まっているビストロ。いつも早い時間からいっぱいで、すんなり入れた試しがない。でも地元の人が集まる確かな味。フランスでは名前を店名につけている店が多いけれど、そんな店は信頼できる。まっ、私の偏見かも、だけど。。Paulさんはいっぱいいるけど、ね。

Aucun commentaire:

Publier un commentaire